Berry in Lake ライトノベル含む読書感想など

ライトノベル含む読書やマンガの感想・レビューもどきなど

カテゴリ:マンガ の 記事一覧

| |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[マンガ] あまんちゅ 1 天野こずえ

あまんちゅ!(1) (BLADE COMICS) 買ってきた。待ちかねたぜ。天野こずえの新作です。

 ARIAの続編みたいなもんだと思ってたんですが、読んでみると浪漫倶楽部の流れにある作品でした。舞台は日本、伊豆。ちゃ顧問が火星猫っぽいけど地球みたいです。『日常ときどきダイビング』がキャッチコピー。学園もの。

 ダイビング部の部室に貼ってあるポスターの人が灯里っぽいのもただの遊びでつながりはないみたいですね。 PALAUってのはパラオという島国で、海がきれーでダイビングも盛んなとこです。

あらすじ

 引っ込み思案の大木双葉は、春から新入生として夢ヶ丘高校に通い始める。ダイビングが趣味の天真爛漫な光とクラスメイトになり、「楽しそう」なあり方に惹かれ、光に誘われてダイビングを始める。

感想

 1巻から飛ばしてるなーと。

 天野こずえは(うろ覚えだけど)短編集とか読む限り百合は書かない人ではなくて、むしろ結構好きそうな人なのですが、AQUA-ARIAでは割と初期のころは自重していたように思います。っていうかあの人たぶん暁くん気に入ってます。

 あまんちゅ! ではそこんとこ割と最初から意識して描いてる気がしますね。私はその辺あんまり期待してないのですが、とかく双葉が光に影響されて世界を広げていく、というのが話の中軸のようです。今のとこ。

 光と灯里の役割も近いようで微妙に違うのですが、ARIAとの比較でいえばもっとも違うのは双葉の存在です。この辺りもうちょい見えてきたらまたなんか書きます。

 で。天野こずえ作品といえば私的には表情の描写です。ARIAはお話を読んで一読、灯里の表情を追ってもう一読という面白さがありました。だんだん絵がこなれてきたっつうか後半はそうでもなくなっていったけど。あまんちゅは光がずっと笑っている分双葉の表情が豊かですね。この辺もたぶんそのうち書きます。

 とりあえず藍華ちゃんが禁止してくれないと天野こずえの主人公は暴走しっぱなしということが分かった。おしまい。

スポンサーサイト

関連タグ: 漫画天野こずえ

[マンガ] それでも町は廻っている 5巻

それでも町は廻っている 5 (5) (ヤングキングコミックス)  なんか楽天ブログにコメント書き込もうとするとエラーで弾かれる('A`) もういいや

 それ町5巻が売ってたんで買ってきた。なんかどんどん歩鳥がかわいくなってきた気が。

 このマンガはほんとに安定して面白い。メイド喫茶あんまり関係なくなってきたけど。タケルくんが一番探偵っぽいけど。けど。

 なんだろうねこれ。どこか古典的なにおいがするというかなんというか。キャラ萌えの要素をいっさい省いても面白いギャグマンガってのがたぶん私の中で珍しいんだと思う。そういや聖☆おにいさんも個人的に好印象だったっけ。

 ネムルバカも買ってみようカナー。

関連タグ: マンガ

[マンガ] かんなぎ5巻買ったら

 ざんげちゃんがもっと好きになった。

ざんげ 白亜には幸せになってほしいなあ。

 一巻買うときは最新刊に追いつくとは思ってなかった。6巻は11月に出るのかー。

 相変わらずおまけマンガがおもすれー。ギャグとしては本編より質が高いんじゃないかこれ。武梨さんも結城さんもタナベさんも最高だよ。


 最近本が読めてねー(^q^) 論文も好き勝手読む分には面白いんだけどなー。

 なんかまたブログの画像サーバがかわっとる。時間とれるようになったら移し替えもかねて模様替えでもしようかな。

関連タグ: マンガかんなぎ

BSマンガ夜話 『よつばと!』

よつばと! (1)
(amazon)

 BSマンガ夜話見てきた。相変わらず夏目先生はすげーな。ゲストの宮地真緒さんもすげーちゃんと読んでてびっくりした。今回は(今回も?)岡田斗司夫が浮いてたな。あの細かさが今回は空回りという感じ。

 おおよその方向としては『よつばと!』はまず、1.よつばの主観を排していて2.俯瞰的、あるいは客観的なところから見ているようなマンガであるということ。さらに、3.「リアルでないリアル」を描こうというマンガであること、といったところでしょうか。

 私はだいたい、いしかわじゅんあたりと似たような読み方してましたねえ。ちょっとくらいちゃんと言及してみよう。

『よつばと!』の世界

 私は、『よつばと!』は子供の原理を描いたマンガだと言ってしまっています。子供というのは大人と比較されて意味をなす概念です。

大人 ―― 子供
理屈 ―― 感情
打算 ―― 純真
安定 ―― 不安定
コスモス(秩序) ―― カオス(混沌)

 こんな対立構造を持ってます。『よつばと!』は私に言わせれば、子供の原理を大人の原理から傍観するマンガです。


 よつばの主観を排している、ということが番組でも強調される。夏目先生によると作者のあずまきよひこ自身がインタビューで言っていたとか。

 夏目の目で指摘された8巻収録の第49話で、自転車をよじ登るシーン。これはほとんど同じコマだが、よく見ると微妙に視野がずれている、という手法があることに気が付く。これを、「カメラが捉えている映像を画像化したもの」と言った。

 これはかなり鋭い視点に思います。つまり、主人公はよつばなんだけど、よつばを見守る大人という視点が読者に対して与えられているということだ。これは意識してやっている。

 だからよつば自身のモノローグなどの主観は徹底的に排除される。

 さらに言えば、それは中に入っていけないものだという線引きでもあると思う。大人の理屈では子供の直観的世界という原理を理解することはできない。だから見ることでしかよつばという存在を意識できない。よつばの意思は見て聞いて読み取らないといけない。

 これを描けるというのは並大抵のことじゃあない。猫と一緒にするのもあれだけど、ギャリコの小説『ジェニィ』なんかに近い観察力と想像力に裏打ちされた世界だと思う。


 『よつばと!』の面白さっていうのはここなんだな。「日常ってこんなに面白かったんだ」という発見と、「実際我々の日常ってそんなに楽しいものじゃない」という感覚が、ここでは共存が許される。

 我々は日常ってこういうものじゃないんだ、と知っている。だから『よつばと!』の世界はファンタジーだ。けど、どこか子供ってこうだよね、っていう気持ちになれる。現実の世界を横に置いておくことで、日常の再発見ができる。そこを指して切ないマンガだと言っているんだな。

 もの凄く穿って言うと、よつばという存在があることで初めて、日常にささいな喜びを見つけられる(そういうものとして記号的に描かれる)。でもよつばはファンタジーなんだ。だからその空虚さが切ない。

 リアルでないリアルというのはそこの部分だ。知ったような言い方をすれば、あずまきよひこは「大きな物語」を信じていない。「小さな物語」あるいは見える範囲という意味での主観的世界だけを描こうとしている。

 そのことを踏まえると、よつばは記号的な存在だという見方がするっと飲み込めると思う。


 そして重層性。『よつばと!』の世界は多様な読みの可能性を残す、と岡田が言っている。ここの鍵は綾瀬家が握っていると思う。

 三姉妹という設定は年代の違う視点を提供する。子供から大人に近い大学生まで、さらにそれよりちょっと上のとーちゃんたち、よつばと同じ次元でケンカをするやんだを入れて、これだけ多くのカメラを用意してる。大人の原理の持ち主はよつばに共感することは不可能だが、この多層構造がフィルタとなって誰かしらが引っかかるし、いろいろな見方は面白さそのものにもなる。

 ついでに言うとキャラ萌え的嗜好層(オタク層)もカバーできる、というのは完全に『あずまんが大王』の遺産だな。いしかわじゅんの言うように全部捨ててきた、というわけじゃない。

よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)
(amazon)


 結局まとめちゃうとどこでも言われているようなことになってしまう。そういうシンプルさは意図的に出してると思うんだけど。

 つまり日常の再発見というものが根底にあるんだ。それはリアリズムに端を発する私小説的なものではない。つまりサザエさんみたいなのを目指してはいない。あれは日常そのもので、よつばとはそれを発見しないといけないんだな。

 そのための演出方法というのがとびっきり上手い。

 夏目先生はクレヨンしんちゃんではなくてぼのぼのに繋がっている作品だと言ってましたね。「下品でないクレヨンしんちゃん」という喩えは結構好まれて使われてきたんだけど、私は完全に別だと思う。しんちゃんは大人の原理で動いている子供というのがギャグになるマンガだ。

 ここまで「子供」というものを描いたということが凄い。夏目先生がこの世界観を、よつばにとっての「楽園」という言い方をしたのが凄く腑に落ちた。その視点はなかった。

 よつばはペットじゃないんだ。例えば猫よりは犬好きの人なんかによくいると思うんだけど、ペットの気持ちを勝手に想像して“遊んであげ”て「よかったでちゅねー」とかねこなで声で会話してみたりみたいな行為がある。服を着せてみたりする。私に言わせると投影ですね、自分が想像するところのワンちゃんという人格を造り出して、擬似的なコミュニケーションをする。あずまきよひこはよつばに対するそれを許していない。作中のキャラはもちろん、読者さえ距離を置いたところにとどめて観測者にとどめる。


 長くなってしまった。それだけ好きだってことです。なんか小説のときよりよっぽど熱くなってるな。マンガ夜話という番組がいけないんだけど。

関連タグ: マンガ漫画よつばと!

[マンガ] 探偵綺譚 石黒正数

[amazon] 探偵綺譚~石黒正数短編集~ (リュウコミックス)

 『それでも町は廻っている』の石黒正数の短編集『探偵綺譚』。それ町好きなんでつい買ってきた。

 面白かった。ナンセンスといっていいのもいくつかあって好もしい。古典的な感じさえする。それ町のノリを期待すればだいたい期待通り。それ町+若干のSFとか。ハードボイルドとか。

 歩鳥と紺先輩は石黒的には動かしやすいキャラクタなんだろうなあ。いろいろの短編にその元型が見えます。石黒キャラはかわいいとかよりも親しみやすいというか。なんかいいんだよね。

 勢い任せにならないギャグってやっぱ面白い。とりあえず誰かつっこめ。

 悪の秘密基地は東京にあるそうです(あとがきより)。

関連タグ: マンガ漫画石黒正数

[マンガ] よつばと! あずまきよひこ

 8巻買ってきた。紹介するまでもないんですけど。ジャンルはたぶんほのぼの系コメディ。

 BSマンガ夜話第35弾の3日目のテーマが『よつばと!』といつの間にか発表されてたのでなんか書いてみようと思う。9月16~18日の24時から。8日から3日間前回分の再放送もあるようです。


 『よつばと!』をめぐる言明というのは結構ある。意外とある。一時期、とーちゃんの環境がオタクの理想郷だとかいうトンデモ説(と私は思っている)が流行ったりした。ちょっとひねくれすぎだと思う。

 このマンガの面白さっていうのは一般的にはノスタルジイとか子供目線の日常の再発見みたいな言われ方をしていて、実際そんなもんだと思う。私は子供の原理と呼んでしまうかな。つーか、それ以上を語ろうとすると失敗するんだと思うのね。

 それだけシンプルなマンガなんだな。コマ割なんかに注目すると、実験的なことは一切やってない。プールで水着を着たときにぶち抜きになってるくらいのもんです。ドラえもん並とまではいかなくても、ごく読みやすい読ませ方をする構成になっている。

 単に簡素なんでなくて、それを意識して実直な表現でもって描いている。これはある程度意図的だと思う。まあそういうマンガだよね。


 で、子供の原理といえばそうなんだけど、8巻について言うとまた新しい顔を覗かせる。これ私もさらっと読み飛ばしてて、ああ成る程と思いました。マダオの戯言さん、「よつばと!」8巻に見る、よつばの新しい世界。

 よつばより年下の子とのやりとりですね。『よつばと!』の時間の流れは『ARIA』よりもゆっくりですが(ARIAは“ゆったり”か)、確実に作品世界は進化しているようです。


 絵のことは得手ではないですがあえて言うと、背景とか小物をえらく細かく描きますよね。「よつばスタジオ」という態勢のなせる技だと思いますが。人物がシンプルなのに埋もれないのが凄い。

 こと背景・小物の細かさという土俵では武田日向というマンガ家がいます。GOSICKの挿絵描いてる人で、『異国迷路のクロワーゼ』は現在私の一押しマンガのひとつ。これでもかという程描き込みまくる人です。この人の場合、小物と人物が同等かそれ以上というバランスが特徴的といえます。人の顔より着てる服のが目立ったり、背景の中に人が埋もれたりするわけです。美麗さ故に。凄いです。特に絵描く人なんかにぜひ読んでみて欲しい。

 『よつばと!』はその点バランスよくて本当にうまく描かれてるなあと思う。細かいこと言うと、線の太さを神経質に変えてるんだよね。最新刊では表現方法がかたまったのか特に顕著です。


 マンガ夜話でどんな風に言われるのかちょっと楽しみですね。あの人達ちょっと変だからなあ! 見られるかわからないんですけど。

関連タグ: マンガ漫画よつばと!あずまきよひこ

[マンガ] まりあ†ほりっく3 アニメ化って今日知ったわ

 これアニメ化するの!? できるの?

 うわー今日たまたま見かけて帯で知った! っていうか三巻出てるのすら知らんかった。衝動買いしてきた。新房シャフトかー。

 キャスト……ドラマCDと同じだとしたら茉莉花さんは井上麻里奈ですか。ドラマCDの感じだとぴったりだったし期待してよさそうだ。つーか好みだ。平野綾はあってるようなあってないような。かなこでっかいし声が高すぎるかナー。GODが完璧だったのは間違いない。


 まりほりはギャグマンガ。ロ短調だった。

 二巻でちょっと減速したかと思いきや、三巻で方向性新たに復活したな。茉莉花さんの活躍が増えて私大歓喜。「まつりかさんがわらった……」のとこは変態かなこと同じ反応しちまったぜ。


 マンガも最近手が広がってきたなあ。よつばとの最新刊がそろそろ出るんだっけ。異国迷路のクロワーゼの二巻はいつ出るんだ。それ町買ってないや。次は何読もうかな。

[マンガ] かんなぎ1 武梨えり

 ぱっつんはよいものだ。――ゲーテ

 途中で折れました。

 色々破綻してるなあ。


 かんなぎらじおおもすれー。っていうかヤマカン&倉田が面白い。なんだあいつら。

 ざんげちゃんの花澤香菜は適役っぽいなあ。アニメ始まったら見てみようかな。

 かんなぎ1 武梨えり、一迅社。設定やキャラクタなんかは真新しくはない。けれど、雰囲気は独特のものがある。シリアスをやりたいんだかコミカルをやりたいんだか全くわからないんだけど、それが作者のやりたいことなんだろうなあ、という感じ。まだ一巻しか読んでないけど。

 あわない人にはとことんあわないかも知らんね。単に中途半端に見えてしまうかも。

 かんなぎらじおでも倉田さんが言ってますが、面白いのはコマ割です。ぶち抜きとか縦長のコマを頻繁に使って武梨さんが描きたいものは明らかです。

 脚です脚。上半身で切りたくないんですこの人。腰から腿にかけてのこだわりが凄まじいですね。そんなんだから男に間違えられるんだと思います。

 「主人公が美少女と突然同居することになって辟易とする」というありがちなシーンで、普通のマンガだとヒロインの顔を盗み見るなんてシーンが挿入されます。で赤面しちゃったりとかが定石です。このマンガだとそれが腰なんですよ? 腰だけ切り取ったコマですよ。

    ∩
    ( ⌒)     ∩_ _
   /,. ノ      i .,,E)
  ./ /"      / /"
  ./ / _、_   / ノ'
 / / ,_ノ` )/ /
(       /  good job!
 ヽ     |
  \    \

 ナギに負けず劣らずざんげちゃんの脚も素晴らしいぜ。ギャグのテンポとかも悪くないので物語が本格的に始動しそうな二巻以降に期待です。

関連タグ: マンガかんなぎ武梨えり

[マンガ] 聖☆おにいさん1

 流星レコードええなあ。ハミングバードも。

 ひだまーぶるラジオ 「marble/流星レコード」発売記念

 亀の子パズル含む三曲をラジオ中に披露。プロってすげーなあ……後半でひだまーぶるCD(仮)の告知も。これも欲しいー! そういえば全然関係ないけどrock'n roll never dieも九月だったっけ。今から出費が心配だぜ。


 閑話休題。

 聖☆おにいさん1 中村光 講談社

 もうね。ばかすぎ(誉め言葉です)。

 立川のアパートでブッダとイエスが共同生活を……って内容説明するのもばかっぽいな。一ページで笑えるギャグマンガです。アニメイトにサンプルが置いてあったんですが、最後まで見ていられなかったので買いました。店内でにやにやしてたら気持ち悪いからな!

 ギャグマンガは笑ったら負けと思っているので、立ち読みで私を負かした作品はちゃんと買って帰ります。ぱにぽにとかまりあ†ほりっくとかそうやって集め始めた記憶が。まり†ほりは私の一押しです今。

 中村光はほんとう天才か紙一重で変態だと思った。

[マンガ] ARIAを読んでみる

ar
ARIA 1, p26
 本格的に忙しくなって参りました。

 最近ARIAを読んでいます。今更ですけど。まだ全部買ってないけど。似ねー!

 ここのところリアルがリアルすぎて書くことがねーので適当な話題でお茶を濁そうと思います。ARIAおもしれーですね。絵が凄いです。うまいかどうかでいうと初めの頃なんかだいぶ不安定なんですけど、一巻の時点で既に中核的な独特の表現方法ができあがってます。むしろ絵が落ち着いてくると面白みが減ってきているような。過去の作品も読んでみたいけど手に入らないものもありそうですね。

 ARIAについては気に入っちゃってだいぶ深く読んでますので、そのうちキモいくらいまともに語ってみたいと思いますが、とりあえず全部読んでからにします。

 ちょっとだけ書きますと、前評判とか噂の最終回ネタバレとかから結構、女の子の園的なものをイメージしてましたけど、結構百合でない恋愛的な部分描いてますね、天野こずえは。短編集とか見てると百合も描かないひとではないっぽいんですけど。癒しとかそういうイメージが、最終回後にあんな事態になるほど強く定着したのは男成分を徹底排除したアニメが平行したのが原因ではないかと。つーか天野先生は暁くん結構好きだと思いますね、あれ。

 深読みのしすぎかも知れませんが、ボッコロの日のあれとかそれとか、意図的ならすげーです。繊細すぎます。

 ネオヴェネチアいきてえなあ……(いちるは現実逃避しているようです)

 | HOME | 

秋涼いちる

 ライトノベルから漫画から、一般小説、新書、果ては辞典までおよそ本の形をしたものなら何でも読む。

→ はじめまして

→ pixiv

RSS このブログのRSSを取得する

あわせて読みたいブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。