Berry in Lake ライトノベル含む読書感想など

ライトノベル含む読書やマンガの感想・レビューもどきなど

2009年04月 の記事一覧

| |

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロリコンはなおせません

 つーかそもそも病気じゃねーのですが。

 誤った認識が広まるのは忍びないのですげーどうでもいいことをひたすら書きます。これ↓について。画像はネタで、日本ロリータオーガニゼーション医師会というのは存在しません。

 ('(゚∀゚∩ なおるよ!たぶん・・・(アルファルファモザイク)

 ロリコンは矯正可能か、と問われたら、私はケースによるがまず無理だろうと答えます。私の知識が及ぶ範囲にしたいので、ここではロリコンじゃなくて「児童に対する性犯罪者」と置き換えます。これには2種類があります。

  1. 子供にも欲情する
  2. 子供にしか欲情しない

 上は機会性と呼ばれるやつで、子供でも大人でも構わんというひと。これはなおるかもしれません。再犯率も相対的には低いです。

 他方、真性というか生来のというか、子供しか対象にならないというのがいて、これはかなりやっかいです。

 性犯罪、こと児童に対する性犯罪というのは極めて再犯率が高いことが知られているので、犯罪心理学最先端の2大機構とも、すなわちアメリカFBIも日本の科捜研も再犯防止プログラムの開発はしっかり行っています。

 でも減らねーのです。現実として。冗談なのか本気なのか、この手の事件の報道があるとやれ「去勢しろ」というひとが絶対出ます。現実的なことを言いますと、「やったことある国もあります」。ただ、根本的な解決にはならなかった。具体的なデータがねーのでわかりませんが、モノがねーので道具を使うか、事案が強制わいせつになるかくらいだと推察します。とにかく効果があんまりなかったんです。

 矯正プログラムですが、まずは学習理論に則った方法がとられました。報酬と罰というやつですね、児童ポルノを見せて興奮したら罰を与え、大人のポルノで興奮したら報酬を与えるという、いかにも効き目のなさそうな方法ですが、効き目はやっぱりありませんでした。こんなのが初期の頃だと思います。

 こんな嫌悪条件付けみたいなのから、逆に嫌になるまで児童ポルノで抜かせるみたいな何とか法まで試しても、学習理論じゃ歯が立たないことがわかりました。カウンセリングみたいなのもやっぱり通用しません。だって原因がないんだもの。

 フロイト主義的な精神分析だとまずコンプレクスという、過去の出来事に由来する、行動に影響を与える無意識の心的要因を想定します。子供の頃の虐待のトラウマがあると親になったとき虐待するみたいなアレですね。こんなの2番の真性ロリコンにはそもそもないことが多いです。まあそんなこんなで、とにかく考えられる方法は片っ端から試して玉砕しています。

 ここで最初に紹介した記事の画像で挙げている3つの治療法を見てみます。

  1. 精神分析
  2. 薬品投与
  3. 接触要求の転化

 1はまず無理だと今しがた言いました。3は行動主義的ですね、学習理論は一切通用しなかったのでこれも難しいと思います。2はそもそも性的欲求自体を抑えると書いてるのでロリコンには関係ないです。

 まあ繰り返しますが例の広告画像はただのネタで、日本ロリータオーガニゼーション医師会というのは存在しないのですが、ロリコンはなおるという認識はまずいのでつらつら書きました。

 で、じゃあ現在科捜研がやってる再犯対策はいったい何なの、という話をついでにしてみます。

 今やってるのは、ロリコンをなおさないで性犯罪をやめさせるという方法です。これはまさに今試しているところなので効果が出るかはわかりませんが、今までの方法よりはいいだろうと期待されています。

 児童に対する性犯罪者には、事件を起こす前までの行動にパターンがあることが調査でわかってきました。つまり危険シグナルが出るわけです。これを他者が監視して気をつけるように促したり、最終的には自覚的に自制できるようになることを目指します。

 すげー地味ですが、結局のところロリコンをなおすのはお手上げ、まず無理だろうというのが犯罪心理学から見たところの結論なのです。そしてその方が効果がありそうだという現実があります。

 そんなわけでけーさつもがんばってるのです。性犯罪が起きるたびにああしろこうしろとニュースやその辺の掲示板で言われますが、素人がぽっと口に出すのは大体どこかで試したけど効果がなかったことです。今韓国が性犯罪者にGPSくっつけて監視するというようなことをやってますが、これもどうかしらというのがおおかたの意見です。うまくいけば日本も取り入れるようになるかもしれませんね。

 最後にひとつクイズです。児童に対する性犯罪者の、主な年齢層はいくつくらいでしょうか?

 大体でいいので思い浮かべたら答えを見てください。

 たぶん、自分の児童に対する性犯罪への認識が的外れで驚くのじゃないかしら。われわれが普段から持っているイメージと現実とはだいぶ違う、というお話。

スポンサーサイト

[ラノベ] 『たたかう! 図書委員』 水月郁見

たたかう! 図書委員 (朝日ノベルズ) ちょっと前に創刊したばっかりだったっけ、朝日ノベルズ。

 表紙の文学少女風みつあみ眼鏡っ娘と、著者の「もしも女子高生がスーパーガールだったら……!? この本は、そういうお話です」といういかにも面白くなさそうなコピーに引かれて衝動買いした。

 ふたを開けてみるとあんまり本は読んでなかった。つーか図書委員らしいところ少しもなかった。

 スーパーガールの看板に偽りなし、ほんとにスーパーガールでした。もうなんかね、ここまでくるといっそすがすがしいね。でっかくないウルトラマン(女の子)。面白かった。

あらすじ

 周りに流されまいと生きてきた夏子は、ある切欠で自分が孤立していることに気づく。父の不審死以来続いてきた裁判と、それに乗じる「活動家」の相手に疲れていた彼女は、どうせなら社会に波風立てて死んでやろうと、学校の屋上からの飛び降り自殺を企てる。しかし平和だったはずの学校に突然男が乱入、凶悪事件が発生……夏子は助けに入った「正義の味方」に救われ、その上不審者に立ち向かった勇敢な少女と誤解され、共に戦ってほしいと頼み込まれる。夏子の運命と人類の安寧やいかに。

 読み始めは文章があまりにあんまりなんでどうかと思った上に、ここ要らんだろうみたいな部分ばっかりだったけど、半分過ぎくらいからスピード感が出て面白くなってきた。

 常道的なカタルシスというか、主人公をいじめて逆転させるというか、まあそんな感じ。映画的というか。ハリウッドに2種類のヒーローがいるとしたら、コマンドーよりはスパイダーマンっぽいハリウッド。セガールよりはマトリックス。わけわからん例えだ。

 立木さんはいったいなんだったんだ。なんという一方的な被害者……まさに通行人A。ヒーローもの(ヒロインだけど)にはやっぱり必要なポジションなのか。いやプロット上というかテーマ上でのやりたいことはわかるんだけど、やっぱり読み終わってみると割とどうでもいいキャラだったなあ。

 ラノベには珍しく恋愛要素が薄い……どころか男は脇役でしか出てこない。作者は百合好きかしら。

関連タグ: 読書ラノベライトノベル

RSSリーダの

 feedをエクスポートするの忘れて再インスコ。設定がめんどうなことになった。

 というわけで環境が変わりました。ATOKが入れられないのが一番つらい。がんばってIMEに慣れます。というわけでなんか適当なことを書く。

 アニメ。

 けいおんは相変わらず雰囲気よくて好き。さすがの京アニ、今期一番か……

 と思ってたらノーマークだった夏のあらしがめちゃくちゃ面白いじゃないか! 作画がアレなのは評判どおりだけど。OPある意味ひどいけど。EDは好きだ。

 あんまりシャフト臭くないなあ。いやところどころやっぱりシャフトなんだけど。どっちかっていうとスクランのがシャフトと親和性高そうなものだが。とりあえず1話より2話のが面白かった。つかみに失敗してどうする。

 うーん原作買ってみようかなあ。

 つーか新房さん仕事しすぎだろ……絶望3期は夏からだっけ。いや絶望先生は見たことないのだけど。

 咲見て麻雀始めた人もやっぱいるんだろなあ。ちなみに私はどヘタクソの雑魚です。役満、つーても四暗刻ですが、和了ったときより三色同刻のほうが興奮しました。いや安いんだけど。

 天鳳のIDでも取ってこようかな。

 だめだアニメというともう文学少女しか考えられない。いつになるのだろう。来年かしら。頭がおめでたい状態なのでもう難しいことが考えられません。だめだ私。

09042300

文学少女が……

 [タレコミ]野村美月「“文学少女”シリーズ」劇場アニメ化決定!(MOON PHASE)

 なん……だと……?

 これは予想外すぎる……いやあの。遠子さん大好きな私としてはうれしいような複雑なような、本当どうしようこれ。なにこれ。

 いちる は こんらんしている!

 文学少女シリーズというと一口にビタースイートと言ってしまいがちで、でもよく味わってみるとその一粒にいろいろな想いがつまっている、たとえるなら日頃から気にかけているのに素直になれない相手にバレンタインチョコを渡しそびれた夜に、ひとり部屋で囓ってみるような、上品でも上等でもないショコラの味なんです。

 と文学少女っぽく表現してみた。まあ私は乙女でもなければ本を食ったこともねーですが。

 うーんなんかこれ以上情報が出るのが怖いなァ……

 すでに何度もどこかで発信しましたが、凄くどうでもいいことを言うと私の中の遠子さんのイメージボイスは牧野由依さんです。ほんとにどうでもいいなこれ。

さんせーけん

 鳩ぽっぽがミンスお得意の自爆スイッチ押したようなので今日は外国人参政権について。

 参政権ってのはもちろん政治に参加する権利ですが、まあおおざっぱに言うと選挙で投票する権利と、選挙に立候補する権利をひっくるめて参政権です。

 で。今回はどっちがどっちかってのは問題にしてなさそうなので、次のというかまた別の分け方ってのもあるのだぜという話です。すなわち国政への参政権と、地方参政権の違いであります。

 まず、あんまり新しい考え方でもないと思いますが、この手の話をする前提として権利というもの自体が大きく二つに分けられます。前国家的権利とそうでない権利です。

 前国家的というのは、国家が存在しなくても人間であるというだけで認められるべきである権利。自由や本質的な平等に関すること、生命を脅かされないための諸権利……などなど。

 対して、そうでない権利、後国家的権利というのがあります。これは国家の存在を前提とする権利で、国民のみを対象とするものもあります。

 で、参政権ってのはどっちかっていうと、後国家的権利です。ここまでが前提1。

 そして、人権の享有主体としての外国人ってのはどうかっつうと、おおざっぱには前国家的権利は保障され、後国家的権利は保障されないということになってます。前提2。

 じゃあ外国人が参政権を獲得することは出来るのかという問題についてはどう考えられるか。

 まず国政レベルの参政権は、外国人に与えられることは憲法改悪でもしない限りありえません。前国家的権利でなく、国民主権という民主主義の大前提に思いっきり反するためです。これを本気で主張している人がいたら正気を疑ってください。

 で、ぽっぽを始めとするミンス議員が言ってるのは地方参政権の話ですね。

 これは類推的に勘違いが起こりやすいことですが、外国人の地方参政権獲得は国政レベルと同様にあり得ないのかというと、そんなことはありません。

 憲法は在日外国人に地方参政権を保障しないが、地方自治の住民自治という本旨からいって定住外国人に参政権を与えることは禁止されない、というのが今のとこ力を持っている判例です。

 要するにどっちに転んでも違憲ではないので立法次第です。「参政権を与えなければならない」も、「参政権を与えることは出来ない」もどっちも間違いという立場が普通ですから、議論になった場合は注意してください。これはあくまで地方参政権は「住民自治」に奉ずる権利であることを前提に議論がなされる場合です。

 ついでに判例では「永住者」で、かつ「その居住する区域の地方公共団体と 特段に緊密な関係を持つに至ったと認められるものについて」、選挙権を付与することは憲法上禁止されない、ということになってます。

 どいつもこいつも参政権を持てるというわけではない、ということです。仮に在留外国人へ地方参政権を与えるならば、この点で限りなく綿密なチェックが必要な制度を作らないとだめでしょうね。少なくとも「地方参政権くらい」という程度の認識では困りますし、「日本人の度量」なんて主観的な問題ではないです。すり替えであり暴論であるところのクソ以下の発言であることは確かですからせいぜい呪って罵ってください。

 私は以上のことを踏まえても外国人への地方参政権付与には反対です。だって日本の地方政治って国家とズブズブだもの。だいたいミンスに党利があるからこんなこと言い出すわけで。結局内政干渉と変わらんでしょ。

結局

 PC自体買い換えることになりそうだ。買ったばっかりのキーボードは使い回せるからいいんだけど。色がパンダだけど。けど。

 少しでも長生きさせようと思って以前買ったノートPCクーラーとか完全に無用になってしまうなあ。

 最近は大塚英志とかハリウッド脚本術とかそんなんばっか読んでます。おもしろいんだこれが。

 私は映画って内外問わずちっとも見ないのですが、どっちかつうとハリウッドって様式美に近い画一化というか、商業的に洗練されたというかなんというか、そんなイメージがあります。そういうものがどうやって作られているのか丸わかりなのだぜ。

 というわけで三日坊主の自分にカツを入れながらゴリゴリプロット書いてます。形になるのかなコレ。

[寸劇] 一条vsいちる

 推理クイズではなく……ロペス氏がやってるイベント、「看板娘は人狼なりや? 体験版」のネタです。すなわち内輪ネタです。止水のごとく思案を研ぎ澄ませている名探偵諸君に一石の波乱を投じるのが目的であります。

 まだ現時点で解答が出ていないとはいえすでに話は佳境なので(私はまた一、二段階の転回があると読んでいますが)、一応ネタバレといっておきます。かなりふけーところまで突っこむので、自分の推理を信じたい人は参加者も回れ右が吉だぜ。

 冥探偵百合絵ちゃんといちるの推理対決だ……! いや答えまだなんだけど……!

続きを読む »

関連タグ: 寸劇

そのときいちるに電流走る……!

 キーボードが壊れてshiftキーがきかなくなったので買ってきた……ノートPCにキーボードをくっつけて使うという事態に。エルゴノミクスを尽くした1万くらいのキーボードほしい。打ちやすくて疲れないのがほしい……買ったのは1500円くらいのだけどな! キー間距離がちょうどいいエレコムの980円と迷ったけどストロークが深すぎて疲れそうだったのでLogicoolのヤツにした。

 新アニメ。

 植田雀荘 the animation……じゃなかった咲おもすれー。原作ちょっとだけ読んだことあるから展開は知ってたんだけど熱すぎる。麻雀漫画つーより、巨人の星から脈々と続く、「そのボールいつになったらミットに届くんだよ」的なスーパー早口解説漫画に近い超人スポ魂系に通ずるものがあると思ってたんですが、いざアニメ化したらテニプリでした。EDの映像遊びすぎだろ……もっとやれ。しかしなんでこんな演出が古くさいんだ。

 けいおん! はOP・EDが期待以上だったので発売したら買ってきます。内容はもともと薄いのをキャラで引き延ばした感じで好みが分かれそう。作画の心配が要らないのでその点安心だ。原作だと憂ちゃん一択だったのだがED見ると澪がかわいすぎる。さわちゃん先生がかなりはまり役かも。

 アスラクラインが気になるけどとりあえず原作読もう。

関連タグ: アニメ

遺憾の意

らくがきぴよちゃんぴよぴよ

 春香さんの誕生日でも小鳥さん。

小鳥さん

 以前探していて、半ばあきらめていた本が今日たまたま見つかりました。いい日。

[ラノベ] 多次元交差点でお茶漬けを 本保智

多次元交差点でお茶づけを。 (角川スニーカー文庫)  近場のアニメイトの、カウンターのところにこの作者だか絵師だか知らぬけどイラスト入りのサイン色紙が飾ってある。それがなけりゃあ知りもせなんだ。ぶっちゃけその女の子がかわいかったから買いました。『多次元交差点(クロスポイント)でお茶漬けを』本保智、角川スニーカー文庫。

 SFで学園もの。けど理論の確かさとかはあんまり考慮してない感じのSukoshi Fushigiかな。気軽に読める……といってもなんか凄く読みづらかった。

 普通の倹約貧乏学生生活から一転、パラレルワールドから何やら面妖な連中が集うホテルでアルバイトをすることになった主人公のお話。女の子視点の話ってそういえばあんまり読まないなあ。

 ラノベのラノベらしさをカオスにしてつっこんだ感じ。幼女とかネコ耳とか昼行灯とかマジックアイテムとか変なルビとか過去になんかあった話とかご都合主義とか、方々のラノベからステレオタイプを抽出して濾したら出てきたみたいなラノベ。これはこれで面白かった。

 P35粘液ゲル人が好きです。あと私もお茶漬け好きです。永谷園のやつで、お吸い物付いてるヤツあったよね。あれやたら美味しく感じるんだけどなんでなの。

関連タグ: 読書ラノベライトノベル

らくがき3

 いいかげんテレビ買い換えないといけないんだけど、どうせあんまり見ないんだよなあ。

 とりあえず完成でいいや。

 またpixivにとばします。

水無灯里

 | HOME | 

秋涼いちる

 ライトノベルから漫画から、一般小説、新書、果ては辞典までおよそ本の形をしたものなら何でも読む。

→ はじめまして

→ pixiv

RSS このブログのRSSを取得する

あわせて読みたいブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。