Berry in Lake ライトノベル含む読書感想など

ライトノベル含む読書やマンガの感想・レビューもどきなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪ 凄いおっさん | とりあえず ≫

冷たい密室と博士たち 森博嗣

冷たい密室と博士たち (講談社文庫) 師が走ると書く12月なんて文句では芸もないが、暮れも近づいてようやく時間ができた。やっと……本が読めた……

 『冷たい密室と博士たち』森博嗣。買ったのは講談社ノベルスのほう。

 舞台はN大学工学部の低温度実験室。衆人環視の密室から、男女2人の死体が発見された……犯人はどこから入ってどこから出ていったのか? 被害者はなぜ密室の中にいたのか……犀川助教授と西之園萌絵の師弟コンビ、そして今回初登場犀川の友人喜多助教授が謎に迫る。S&Mシリーズ第二弾。

 なんかあらすじだけ書くとどこにでもあるミステリだなあ。この点だけならミステリってどれもだいたい似たようなもんだと思うけど。

 実際、割と「普通な」ミステリでした。

 私は相変わらず普段ちっともミステリを読まないので、どうなのかよくわかりませんが、前回と比べて今回のほうが一般受けしそうなミステリって感じだと思います。少なくとも『すべてがFになる』ほどぶっとんでなかった気がする。

 ただし謎解きは難題。複雑な事件だけど、解決編の語りが長いのにわかりやすいのはさすがなのかしら。森博嗣はロジックを大切にしてるよね。

 面白かった。読み始めてから読み終わるまでえらい時間がかかったので推理どころでなかったが、成る程終わってみればしっかり心理トリックに引っかかっている。分かりそうで分からなくて、解決編でやっぱり分かってなかったみたいな。

 S&Mシリーズの面白さってラノベに近いところがあると思うんだよね。もちろんミステリはミステリで面白いんだけど、人物なんかかなりキャラクタ的だし。西之園さんかわいいし。犀川先生もっとかわいいし。

 私は好きなんでこの先も読んでみたいと思うけど、ここで切ったという人がいてもおかしくはないかなあ、という感じ。『F』に比べてインパクトがなさすぎるのかしらん。

 巻末の解説が完全に蛇足だった……。自分のこといいから作品のこと書いてくれ。正直ブログとたいして変わらん。つまりこの記事も蛇足なんだけど。いいんだここは書評じゃなくて感想文だから。

 さて……次はどうしようかな。ラノベでも乱読するか、がっつりいくか……

関連タグ: 読書

≪ 凄いおっさん | とりあえず ≫

コメント

コメントの投稿








いちるにだけ見せる

トラックバック

http://lilli1.blog98.fc2.com/tb.php/101-2d759c57

 | HOME | 

秋涼いちる

 ライトノベルから漫画から、一般小説、新書、果ては辞典までおよそ本の形をしたものなら何でも読む。

→ はじめまして

→ pixiv

RSS このブログのRSSを取得する

あわせて読みたいブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。