Berry in Lake ライトノベル含む読書感想など

ライトノベル含む読書やマンガの感想・レビューもどきなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪ 適当に | [寸劇] 怪奇! 殺×事件!? [一条さんの事件簿] ≫

[寸劇] “怪奇! 殺×事件!?”の答え

 前回の答え。


答え:ダチョウには砂のうという器官がある。

 現在、野生のダチョウは絶滅危惧種として保護対象でありますが、むかしむかしはアフリカだけでなく西アジアにも生息しておりました。こいつらはでかくて速くて強いので自然界じゃあ簡単には減りそうにないもんですが、今は限られた地域に生息しているのみです。

 じゃあなぜ減ってしまったのかというと、こんなお話があります。

 あるとき、南アフリカで狩りをしていた部族の男が2羽のダチョウをしとめました。ダチョウは食用としても有用です。村へ運ぶ前に、内蔵が詰まったままだと保存に適さないし、重たくて大変なので、早速腹をかっさばいて取り出しますね。

 するとどうしたことやら、ダチョウの腹の中からきらきら光る石ころが、出るわ出るわの17つぶ。ダイヤモンドであります。もう片方のダチョウの腹からは53個のダイヤモンドが出てきます。

 この男たちが一日にして大金持ちになったこと、その噂があっという間に広まったことは言うまでもありません。あとはおわかりでありましょう。

 以上は『巨鳥が歩んだ道』(吉村卓三、1990)に詳しい。今も手に入るのかしらこの本。さて、この話に登場する動物がダチョウであったこと、本来は原石で自然界に存在するはずのダイヤが磨かれて出てきたことには偶然以上の理由があると考えられています。

 それが砂のうの存在なのです。字は砂嚢かな。

 ダチョウは鳥類ですから歯がありません。くちばしです。鳥さんはどうやってものを食べるかっていうと、基本的に丸飲みです。小鳥なら木の上の巣で親鳥がヒナの口の中に虫をつっこむ場面を知っているかと思います。

 ダチョウは草食よりの雑食で、その辺の草から木の実果実から虫までいろんなもの食います。ダチョウくらい大きな鳥の食事となると丸飲みでは消化に良くないんで、歯にあたる器官が必要になります。そんな状況で進化したと考えられるのが砂のうという器官です。

 ダチョウは生まれてすぐにその辺の石ころを手当たり次第についばんで飲み込みます。これは何をしておるのかというと、石ころは胃袋にはいかず砂のうに蓄えられます。そして、何かしらエサを食べたとき、この中で石によって砕かれたりすりつぶされたりするのです。体内に歯があるってわけ。

 ダイヤモンドの原石はダチョウの腹の中でこうして磨かれて出てきたのではないかと考えられているんですねえ。動物園でもちゃんと石食わせます。虐待じゃないですよ。

 四方山話が長くなりましたが、そろそろ勘の良い方は気づかれていそうなものであります。一条さんの推理に参りましょう。

 ダチョウの腹をかっさばく目当てなんて砂のう以外に考えられません。腹をさばいてまでほしい石ころなんか限られておるわけで、となればこれは巧妙な宝石密輸が行われたと一条さんは推察したのでありました。

 こうですね。買い付け先の国で大量の宝石を飲み込ませ、ダチョウが来たら腹をさばいて取り出す。だいたいダチョウは日本でも飼育してますので外から買う必要があんまりなかったわけで。

 宝石は拳銃とか麻薬ほど密輸が難しいわけではねーのですが、人が移動しなくていいのは大きなメリットだったのに違いありません。とまれ、ダチョウの買い付けに関与したであろう動物園のスタッフが何かしらの事情を知っているはずだと考えたわけ。ここからしっぽが出なくても、出所の不審な宝石をさばくルートなんて限られてますし。

 以上が一条さんの推理でありました。え、難しすぎる? だって謎解きじゃなくて雑学だからなこれ!

 次回があったら怪盗いちるが動きます。もっと馬鹿っぽいのになる予定。

関連タグ: クイズ

≪ 適当に | [寸劇] 怪奇! 殺×事件!? [一条さんの事件簿] ≫

コメント

なんと言われようと姪探偵、俺。

そ、そんなこと、解っていたんだからねっ!
ただちょっと、食用に持ってきたのかな、とか、ほんのちょっとだけ勘違いしただけなんだからっ!

次は絶対当てて見せるぜ!(笑)

御礼の挨拶

拝啓
 春寒の候、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
 この度は事件解決に御協力頂き、誠にありがとうございました。
 宝石売買ルートを捜査することを勧められた時は府に落ちない部分もありましたが、職員を洗っていく内にそれも晴れて。
 まさかダチョウの砂のうを使って、大量の宝石を密輸していたとは。
 後日、直接お礼に上がりたいと思っております。ご都合をお返事いただければ幸いです。
 余寒はまだまだ続きそうです、どうぞご自愛のほどを。
                                 敬具
  平成21年2月9日
                               Signal
一条百合絵様

>>苺バタケ氏

食べても美味しいらしいですぜ。
っていうか脂肪が少ないからヘルシーなのだとか。鳥だし!

……次回あるのかしら。

>>Signal刑事

これはご丁寧に。
おつとめご苦労様であります。
一条さんへの礼は菓子折で十分ですぜうっへっへ。

あ、勝手に名前借りちゃってすみませんでした。
刑事さんだとキャラ的に使いやすいのでそのうち再登場させちゃうかも。
それではー。

コメントの投稿








いちるにだけ見せる

トラックバック

http://lilli1.blog98.fc2.com/tb.php/112-220144c0

 | HOME | 

秋涼いちる

 ライトノベルから漫画から、一般小説、新書、果ては辞典までおよそ本の形をしたものなら何でも読む。

→ はじめまして

→ pixiv

RSS このブログのRSSを取得する

あわせて読みたいブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。