Berry in Lake ライトノベル含む読書感想など

ライトノベル含む読書やマンガの感想・レビューもどきなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪ やし酒飲み チュツオーラ | Twitterとやら ≫

[小説] 金枝堂古書店 三冊目

もくじ


三冊目

 キック、キックトントン、キックキックトントン。

 軽快そうな響きに似合わず、平坦で、朗々というわけでもなく、ただ発声しているというような音読が聴こえている。ただ声色だけは透明で、子をあやすそれのようにやわらかい。

 学校から帰ってきた紫織は、皺にならぬようにと制服のスカートだけ色気のないジャージに履き替えて、上はワイシャツのままというあべこべな服装だ。どうせ部屋着、先生くらいしか見る人がいませんから、と言う。

 縁側で足を投げ出した、その膝の上にはキジトラの猫。名をソーセキという。俺の案を二つ三つ却下して紫織が命名した。男前で髭が立派なのでということらしい。俺には猫の美醜は判じかねるが、俺にはてんで懐かぬので可愛げがないと言い張ることにしている。

 元はたまたま入り込んできた野良だが、紫織がやたら可愛がって餌をやるようになって後、よく来るようになった。そのうちきちんと飼ってやらねばならぬかもしれない。

 キックキックトントン、キックキックトントン。

 今日も上がりこんできたソーセキを掴まえると、紫織は宮沢賢治を読み聞かせ始めた。なるほど声に出して読みたい日本語じゃあないが、賢治は音読に向いている。猫はというと欠伸などして半ば眠りに落ちている。「ほんとうのたべもの」よりも夕餉の残りのほうがお好みのようだ。

 俺がぼけっとその光景を眺めていると、紫織が気づいて言った。
「そんなに私の膝枕が羨ましいのですか」
「……その自由気ままさは少し羨ましいかな」

 俺の脱力に気づかずか無視してか、紫織は本を閉じる。
「猫だってこう見えて大変なのですよ」俺が自由と言ったのはお前のほうだ、とは黙っておいた。「猫になるのはもっと大変です。猫の世界には知っておかなければならないことが山ほどあるのです。まず何はともあれ身づくろい。『疑いが起きたら身づくろいをすること』。体中の隅々まできれいにできなくてはいけません。それから『出口で必ず立ち止まること』『しきいでは急がぬこと』――」

「お前がそれほど猫社会に詳しいとは恐れ入った」
 紫織はやれやれというふうに首をすくめて後、ソーセキの背中を撫でながら続ける。

「猫社会を知るには観察が重要です。そして想像力。たゆまぬ愛情と鋭い観察眼を以て見、強靭な想像力で猫社会を書き上げたギャリコという作家がいます」

 ポール・ギャリコ。『スノー・グース』『ルドミーラ』などの動物を扱った著作が多い作家だ。中には擬人化ものもある。
「ははあ、さっきの猫の教訓は『ジェニィ』か」

 猫に変身してしまった少年が、猫生活のなんたるかを教えてくれる白猫ジェニィと大冒険を繰り広げる話だ。精緻に描写された身づくろいの方法やミルクをなめるコツを講義するジェニィの姿は、紫織の言うとおりトンデモない労苦の結晶だろう。

 紫織はソーセキの顎の下あたりにちょっかいをかけている。やつはゴロゴロと気持ちよさそうに喉を鳴らしている。

「『雪のひとひら』などはもはや主人公が有機物ですらありません。ほんとうに広く、豊かで、やさしい世界を持っていた人だったのでしょう。スポーツライター時代にはかのデンプシーのパンチを直接受けて体験を書いたとか、ボビー・ジョーンズとゴルフをしたとか言われています。興味と好奇心の塊のような人だったのですね」

「猫そのもののように自由な人だ」
「そうかもしれません」

 俺は自由に憧れるばかりだ。気ままさでいえば紫織のほうがよほど上である。否、彼女ほど自由な者はなかなかいまい。

 ふと、紫織が物語を書いたらどのようになるだろう……ととりとめもなく思った。心の豊かさが作品を柔軟にするならば、読書量と知識が深みを与えるならば、くすぶったまま灰になり尽くしそうな俺なんぞより、はるかに優れた作家になりうるのではないか。物を書く身からすれば空恐ろしい想像だ。同時に夢があった。彼女の横顔を眺める。紫織の指先がくるくるとおさげを弄び始める。

「私を観察していても得るものはありませんよ」
 またぼうっとしてしまっていたようだ。彼女は俺の視線に敏感である。イヤラシイものとでも思っているのかもしれない。

「眼福は得るもののうちに入らないかな」
 俺が軽口に言うと、紫織はふんと鼻で笑って、宮沢賢治の音読に戻った。ソーセキがなあおと鳴くのにつられて、俺もひとつ欠伸をした。

関連タグ: 小説金枝堂古書店

≪ やし酒飲み チュツオーラ | Twitterとやら ≫

コメント

コメントの投稿








いちるにだけ見せる

トラックバック

http://lilli1.blog98.fc2.com/tb.php/167-ee576864

 | HOME | 

秋涼いちる

 ライトノベルから漫画から、一般小説、新書、果ては辞典までおよそ本の形をしたものなら何でも読む。

→ はじめまして

→ pixiv

RSS このブログのRSSを取得する

あわせて読みたいブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。