Berry in Lake ライトノベル含む読書感想など

ライトノベル含む読書やマンガの感想・レビューもどきなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪ 生まれて初めて救急車乗った | やし酒飲み チュツオーラ ≫

太陽の塔 森見登美彦

 彼らは根本的に間違っている。なぜなら、我々が間違っていることなど有り得ないからだ。

太陽の塔 (新潮文庫) 『夜は短し~』より先に読んでおけばよかったかな。空気はかなり近いものがある。『太陽の塔』森見登美彦、新潮文庫。

 『夜は~』のほうが筋がはっきりしていた気がする。たいして『太陽の塔』はどっちかっつうと主人公たちの妄想を垂れ流している感じでよりカオス。邪眼の植村嬢とかいつ本筋に絡んでくるのかと思ってたらほのめかすくらいで終わってしまったし。

 森見作品全般なのだろうけど、いわゆるマジックリアリズム的な作風で、日常とファンタジーの境目が連続的で鮮やか。境界を越えるのはたった二回なんだけど、日ごろの妄想が浮ついた感じなので、あたり前のようにファンタジーに入っていく、入っていけるのが面白い。

 よくもまあこんだけヘンテコなことばっかり書けるもんだみたいなコメディ部分もよい。正直主人公よりも飾磨ばっかり印象的だった気さえする。というかコレが合う合わないで森見が楽しめるかどうか分かれそうだ。私は大好き。ゴキブリキューブは勘弁。

 森見の話題だとほかに『四畳半神話体大系』の名を良く聞く気がするのでこれも実は買ってある。そのうち読む。

関連タグ: 読書

≪ 生まれて初めて救急車乗った | やし酒飲み チュツオーラ ≫

コメント

コメントの投稿








いちるにだけ見せる

トラックバック

http://lilli1.blog98.fc2.com/tb.php/169-9c37395b

 | HOME | 

秋涼いちる

 ライトノベルから漫画から、一般小説、新書、果ては辞典までおよそ本の形をしたものなら何でも読む。

→ はじめまして

→ pixiv

RSS このブログのRSSを取得する

あわせて読みたいブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。