Berry in Lake ライトノベル含む読書感想など

ライトノベル含む読書やマンガの感想・レビューもどきなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪ 『檸檬・Kの昇天』 梶井基次郎 | Opera 9.51でフォントが変更できない不具合について ≫

[マンガ] ARIAを読んでみる

ar
ARIA 1, p26
 本格的に忙しくなって参りました。

 最近ARIAを読んでいます。今更ですけど。まだ全部買ってないけど。似ねー!

 ここのところリアルがリアルすぎて書くことがねーので適当な話題でお茶を濁そうと思います。ARIAおもしれーですね。絵が凄いです。うまいかどうかでいうと初めの頃なんかだいぶ不安定なんですけど、一巻の時点で既に中核的な独特の表現方法ができあがってます。むしろ絵が落ち着いてくると面白みが減ってきているような。過去の作品も読んでみたいけど手に入らないものもありそうですね。

 ARIAについては気に入っちゃってだいぶ深く読んでますので、そのうちキモいくらいまともに語ってみたいと思いますが、とりあえず全部読んでからにします。

 ちょっとだけ書きますと、前評判とか噂の最終回ネタバレとかから結構、女の子の園的なものをイメージしてましたけど、結構百合でない恋愛的な部分描いてますね、天野こずえは。短編集とか見てると百合も描かないひとではないっぽいんですけど。癒しとかそういうイメージが、最終回後にあんな事態になるほど強く定着したのは男成分を徹底排除したアニメが平行したのが原因ではないかと。つーか天野先生は暁くん結構好きだと思いますね、あれ。

 深読みのしすぎかも知れませんが、ボッコロの日のあれとかそれとか、意図的ならすげーです。繊細すぎます。

 ネオヴェネチアいきてえなあ……(いちるは現実逃避しているようです)

≪ 『檸檬・Kの昇天』 梶井基次郎 | Opera 9.51でフォントが変更できない不具合について ≫

コメント

常に現実逃避してる自分がきましたよ~。
夏の涼しい日に読みたいですねーARIAは。
なんつってーまだもってないのがたまにきずです。
とりあえず第一印象は癒しのみですがーそうでもなさそうですかねー。まさか恋愛があるとは思わなんだ・・・。

ネオヴァネチア、一緒にいきまっしょうでs(ry
では、いちるさんの感想を期待しつつ自分も読まなくては、買わなくては。ではー

>>setuさん

ARIA、暑い日の話は本当に暑そうに描くので逆に息苦しかったり。
でもやっぱり水の表現とか清涼感ありますね。
癒しはありますよー。ただそれ以外の部分が思ってたよりあるなあと思いました。

感想は……書くとしてもだいぶ先になると思いますー。

コメントの投稿








いちるにだけ見せる

トラックバック

http://lilli1.blog98.fc2.com/tb.php/20-8031161e

 | HOME | 

秋涼いちる

 ライトノベルから漫画から、一般小説、新書、果ては辞典までおよそ本の形をしたものなら何でも読む。

→ はじめまして

→ pixiv

RSS このブログのRSSを取得する

あわせて読みたいブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。