Berry in Lake ライトノベル含む読書感想など

ライトノベル含む読書やマンガの感想・レビューもどきなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪ 土曜のこと | [小説] 旅路 二 ≫

[小説] 旅路 三

 全三回 最終回。

 本館でもお読み頂けます。


 僕は何やらわからぬものを捜す。喩えるなら砂浜できれいな貝殻でも捜すように。わかっているのはきれいだということだけだ。砂と汗にまみれて、子供のようだと笑われながら、その魅惑的な何ものかへの渇望に、没頭していく。形も知らぬ癖に、すぐそこにあるような気がしている。

 そうして――ふいに顔を上げたとき、ようやく海を見るのだ。手を伸ばしていた先が、何を掴むでもない、ただ闇だったことを知る。ふらりと立ち上がり、歩を進めると、波は長く深く胸の奥を響き震わせ、足から涼を伝える。空と海が混じり合う先に、陽が溶けていくのを見る。波が引いて足下の砂を持っていく。

 例えば、いつとない、道に落ちていた猫の死骸を見たときの事を思い出す。あるいは自分の吐瀉物。他人のでは駄目だ。あのときの抜け殻な感じ。

 例えば自分の書いた物語を読み返す感じ。散髪屋で自分の髪の毛だったものが箒に掃かれて捨てられていく感じ。切られた爪と自己とが無関係だという信念の不連続な感じ。自分から切り離されたものが、いかにも虚しいことに気が付く。残ったものが虚無な幻想でないことを誰が保証できよう。


 二度目のスイッチバックに差し掛かったとき、捜し物はとうとう見つかった。電車ががたがた揺れながら停止していく。少女がまた窓の外を指さして言った。
「ほら、あれです」

 小さな薄褐色の塊である。触れれば砂でできた城みたいに儚く崩れてゆきそうな、紫陽花の枯れた姿だった。鮮やかな色を付けていた頃にはあったろう潤いは面影なく、花びらの一枚一枚がすっかり渇いている。これが先ほど彼女が見つけ、彼女に小さな興奮と歓喜を与えたものの正体であった。

 やがて電車はまた頭を入れ替えて走り出した。直ちに枯花は遠ざかって窓枠から消えていく。流れていく緑が美しかった。僕は何を言っていいのか判じかねたので黙っていた。そうして、同じく黙ってしまった少女の表情を伺おうと横顔をのぞき見た。

 その表情と言ったら! 底知れぬ瑪瑙の瞳には何が映じているのだろう。僕は酩酊に似た心持ちで彼女を眺めた。少女の曇りなき笑顔を。笑顔というには硬いかも知れぬ。口は結んでいるのに近い。目元だけで笑う。ほんの少し弛緩したというだけの表情。僕でなかったら気付かなかったろうと身勝手な自負がわき起こった。同時に疑義を抱く。かつて僕はこの表情を見たことがあったろうか。

 木漏れ日の中を行く先に一際大きな光明が見えた。電車はもうじき森を抜ける。


/了

≪ 土曜のこと | [小説] 旅路 二 ≫

コメント

コメントの投稿








いちるにだけ見せる

トラックバック

http://lilli1.blog98.fc2.com/tb.php/32-2d54870c

 | HOME | 

秋涼いちる

 ライトノベルから漫画から、一般小説、新書、果ては辞典までおよそ本の形をしたものなら何でも読む。

→ はじめまして

→ pixiv

RSS このブログのRSSを取得する

あわせて読みたいブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。