Berry in Lake ライトノベル含む読書感想など

ライトノベル含む読書やマンガの感想・レビューもどきなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪ 返信 | スカイ・クロラ 森博嗣 ≫

[ラノベ] 『付喪堂骨董店』 御堂彰彦

 『付喪堂骨董店―“不思議”取り扱います』 御堂彰彦、電撃文庫。

 “アンティーク”と呼ばれる――ただの骨董品のことではない――ある超常的な能力を持った道具と、それを手にしてしまった者達を巡る話。短編集形式で四編。

 面白かった! 一章とその先がちょっと色が違う感じなので、どっちを気に入るかで印象も違うかも。個人的には四章のばかっぽい話も好きだぜ。咲かわいい。

 短編であることの強みだと思いますが、プロットがかなりしっかり練られているなあという印象でした。ぐだぐだ立ち止まることがなくて読みやすいです。特に結びが最高にいい。全体通して引っかかったのは一カ所だけですねー。文章はだいぶあっさりしすぎな感がありますが。

 三章は「記憶」を材料に扱っていて、私はある程度慣れ親しんでいる領域なせいもあって落としどころが読めちゃったところもありましたが、構成がとにかくちゃんとしてるので面白く読めました。

 主人公がまっとうに活躍するラノベです。いや普通そうなんですけど、なんか「こいつがいれば話が作れる」みたいな濃いキャラクタを立てて、透明な主人公を観測者に使うみたいなラノベが結構あるので。それはそれで面白いけど。

 むしろヒロインが若干空気気味です。彼女はなんか謎が残されたまま終わっちゃって気になるので続きもそのうち読みます。


 私シリーズもののラノベって全部そろえてるの一つもないんですよねー。好きなんだけど、完結してるのとかは特に、終わらせるのが勿体なくて。RPGのラストダンジョン手前で燃え尽きる症候群みたいな。

 これは結構お気に入りのシリーズになりそうな気がしてます。ちなみにこれ以外だと文学少女とGosickが好き。そろそろこの辺りの続きを読もうかなあ。

≪ 返信 | スカイ・クロラ 森博嗣 ≫

コメント

コメントの投稿








いちるにだけ見せる

トラックバック

http://lilli1.blog98.fc2.com/tb.php/35-9236829c

 | HOME | 

秋涼いちる

 ライトノベルから漫画から、一般小説、新書、果ては辞典までおよそ本の形をしたものなら何でも読む。

→ はじめまして

→ pixiv

RSS このブログのRSSを取得する

あわせて読みたいブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。