Berry in Lake ライトノベル含む読書感想など

ライトノベル含む読書やマンガの感想・レビューもどきなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪ [ラノベ] 『猫の地球儀 その2』 秋山瑞人 | [マンガ] かんなぎ1 武梨えり ≫

動物化するポストモダン 東浩紀

 『動物化するポストモダン オタクから見た日本社会』東浩紀、講談社現代新書。

 大変面白かった。現代思想なんかは得意でないのですが、簡単な解説があるので前提知識は不要でした。むしろオタク的文化についての知識があるほうが読みやすい。

 私は一般的価値観からすれば明らかにオタクですが、ほとんど二次創作を消費しないので東のいうところのオタクとは若干祖語があって、より興味深かった。オタクは二次創作を当たり前に消費する。これはオリジナルとコピーの区別が薄れていくというボードリヤールのポストモダン像の予言と一致する。

 ボードリヤールはそのような、区別の薄れたオリジナルとコピーの中間に位置するものをシミュラークルと呼んだ。オタク的文化はこのシミュラークルのレベルで動いているのだというのが、オタクをポストモダン的消費者と位置づける東の主張するところの一つである。

 ではなぜそのような消費が起こるのか。ここで大塚英志の『物語消費論』を参照し、踏襲する。大塚によればオタクはその作品が展開するドラマ(小さな物語)でなく、その世界観・設定(大きな物語)を消費する。

 大きな物語は元来、近代において求められ、国家成員をまとめ上げるシステムやイデオロギーとして機能した「背景にある何ものか」を名付けたものです。小さな物語はその表象で、リオタールはポストモダンにおいては大きな物語が凋落すると予言した。

 『物語消費論』自体は少し古めなので東による補足があります。というのは、ガンダム世代くらいまではこれが正しい。例えば機動戦士ガンダムは冨野監督の傑作ですが、ガンダム世代のオタク(第二世代)は架空の大きな物語である宇宙世紀を正統に共有する続編を求め、歴史のあら探しに執心し、メカニックのリアリティに固執した。

 一方で、東によればさらに新しいエヴァンゲリオン世代(第三世代)は、もはや大きな物語さえ必要としない。エヴァンゲリオンは劇場化され、ゲーム化されるが、これらは公式の時点でもはやオリジナルのパラレルであり、歴史を共有しない。

 これは大きな物語が凋落するという予言と一致し、ポストモダン的消費といえる。そうして、生産されるオリジナルが既にシミュラークルの水準で作られていることを指摘する。

 オタクが消費するのはデータベースなのだ。それは設定であり、萌え要素の組み合わせであり、手っ取り早く「感動できる」物語のパターンであり、失われてしまった大きな物語を補填するための虚構のリアリティである。物語が伝えんとするメッセージや背景にある「作家性の神話(強引にオリジナリティと置き換えてもいい)」には関心がない。

 「原作は知らない」がまかり通る東方の流行に極めて強くこれらの現象は見て取れるだろう。東方という世界観とキャラクタがあって、萌えられるシチュエーションや感動できる物語がくっつけば、それは消費の対象となる。

 また創作する人にはわかると思うが、「設定の細やかさに終始する」創作動機は一般に見られる傾向であるように思われる。

 その他、近代には神や社会すなわち大きな物語が人間性を保証したが、大きな物語が失調したポストモダンにおいて、人間性はどのように捉えられるのか、といったことにつっこんでいく。


 詳しく書けないのであれだが、こと二章の部分はよくできていると思う。それ以外はちょっと強引な部分もある気がするが。

 ポストモダン的か否かという点は、近代文学を楽しめない人と楽しめる人の差、と私などは捉えてしまった(もちろん逆に言えば二次創作を楽しめる人と楽しめない人の差だ)。今でも「よい作品を創作するには近代文学を読め」なんてことを言う人がいますが、これも近代とポストモダンの原理的断絶から考えれば成る程説得力もある気がする。「よい作品」を狭く古く定義すればだが。結構この辺り深く立ち入っていくと面白いので、オタク的文化に関心がある人はぜひ読んでみて欲しい。

 もっとも、現代日本がどうなってるかなんかまるで興味がない、というのが本来的な「大きな物語の凋落」や「動物化」でもあるのだけれどね。皮肉なテーマです。

関連タグ: 読書東浩紀

≪ [ラノベ] 『猫の地球儀 その2』 秋山瑞人 | [マンガ] かんなぎ1 武梨えり ≫

コメント

二度目のコメントです。

ブログで取り上げようとしていた本を先取りされてしまいましたw
あの本、面白いですね。オタク文化については詳しくない僕のような人間には大雑把でしたがだいたいは把握できました。
本からいくと確かにオタクの人には近代文学はどうでもいいものでしょう。やはり快感原則で近代なんかを意識的には考えないでしょうし。本を読み、ここまで自分とオタクとの落差があるのかとかえって驚きました。

>>堅物書生さん

私もネットで知って手を出したくらいなんで、結構話題になってる本みたいですねw
私はどちらかというと古い頭の人間ですが、それでもポストモダン的消費はオタクに限らないのではとも考えました。
例えば「大豆イソフラボン」とか「カカオマスポリフェノール」とか、あるいは「ちょいワル」みたいな単語を萌え要素のそれぞれに置き換えて読むこともある程度不可能でないと思うんですよねー。
色々考えさせられる本でした。

コメントの投稿








いちるにだけ見せる

トラックバック

http://lilli1.blog98.fc2.com/tb.php/44-029096e0

 | HOME | 

秋涼いちる

 ライトノベルから漫画から、一般小説、新書、果ては辞典までおよそ本の形をしたものなら何でも読む。

→ はじめまして

→ pixiv

RSS このブログのRSSを取得する

あわせて読みたいブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。