Berry in Lake ライトノベル含む読書感想など

ライトノベル含む読書やマンガの感想・レビューもどきなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪ [フリーソフト] Headline-Reader Lite | [マンガ] よつばと! あずまきよひこ ≫

[ラノベ] ゼロの使い魔 ヤマグチノボル

 今のライトノベル界隈では中心的な作品になるのかな。食わず嫌いもなんなので、読んでやろうとは思っていた。『ゼロの使い魔』1巻 ヤマグチノボル、MF文庫。

 面白くなってくるまでにだいぶかかるね。中身を見たらきっと買う気がなくなると思って、手に取るなり真っ直ぐにレジに向かった。頭から読んでみて買うか検討してたら棚に戻していたかもしれない。

あらすじ

 平賀才人は気が付くと見知らぬ、中世ヨーロッパを思わせる場所にいた。魔法使い達に囲まれ、自分は使い魔として召喚されたのだという。はたしてそこは異世界で、元の世界に戻る術もなく自分を召喚した美少女ルイズの使い魔として生活を始める。

 ある意味巻き込まれ型異世界ファンタジーの王道的ストーリーかな。

感想

 読みながら思ったのは、これはエロゲの文法で書かれたライトノベルなんだという感じ。

 何も主人公が無条件で女の子にモテモテになるという展開を言うのではない。

 『ゼロの使い魔』を読んでいると、時間の流れが非連続であることに気付く。ほとんど時間の流れのない1シーンその場のやりとりがあって、ブツ切りになって次に展開するという小さな場面転換を繰り返す。ちょうど、エロゲでキャラクタとの会話イベントがあって、暗転して次のシーンに進むのと同じだ。

 1行空行のある度に背景絵やイベント絵が切り替わるのをイメージしながら読むとわかりいい。こうした非連続はオタクにとって馴染み深く「読みやすい」わけだ。一人称と三人称を行ったり来たりするのも一般的な小説としてはむしろ読みにくいが、この非連続を許容するというデコード(解読)をあてにして成立している。

 ヤマグチノボルがもともとエロゲのシナリオライターであることからして自然と言えるのだが、これくらい判然とエロゲの文法を持ち込んだのは珍しいし、いっそ清々しささえある。


 そもそもが設定なんざクソ食らえという、何でもありの世界観でもって書かれている。中世ヨーロッパをモデルにした魔法文明にパンツがあってたまるか。というような考証は受け付ける気がねーのである。パンツの発生はかなり時代的に新しいのだ。これもエロゲ的なリアリティであって、小説的ではない。この辺『狼と香辛料』などと比べると面白い。


 文章は恋空並み。描写不足。それでも読めるというのもエロゲまたはマンガ的デコードによるのだろうが、長くなりそうだから置いておく。

 内容的には……主人公の透明さというかゾンビ的な非人間性もいかにもエロゲ的だよなあ。外部の刺激との相互作用で動いている感じ。物語の中で人物としてでなくツールとして在るという感じ。感情移入するとこがない。これと似た感覚は『灼眼のシャナ』でも受けた。

 この辺になれてくる、半分手前くらいのところからやっと面白みが出てくる。シナリオ屋だけあって最後の展開は単純に面白かった。発想の勝利というか。ただ起伏の大きいストーリー展開ではないね。ファンタジー! をあてにすると転けそう。

 つーか私はルイズもキュルケもタバサも好きなキャラじゃないのがこの手の作品として致命的だった。シエスタは好き。オールド・オスマンはもっと好き。

 読み終わってみると、私は続刊が次々に出ているのを知って読んだのでまだいいが、伏線の消化不良感が残った。まあそこは出版側が明らかに続き物を意識しているということであって、ラノベとしては珍しくないのかな。

 まあ期待してたよりはよかった。気が向いたら続きを買ってみよう。

 次は……併読を片づけようかね。

関連タグ: ライトノベルラノベヤマグチノボルゼロの使い魔

≪ [フリーソフト] Headline-Reader Lite | [マンガ] よつばと! あずまきよひこ ≫

コメント

ゼロの使い魔は私も読みました。感想としましては面白かったですね。エロゲーは少しやったことがありますがエロゲー的だとはとくに思いませんでしたね。

あとこの記事で比較対象に狼と香辛料を使っているのが良かったと思います。世界観的なことでもそうですが、ゼロ(ルイズ)の使い魔(才人)で狼(ホロ)と香辛料(ロレンス)なので。

>>第4のペロリンガさん

ストーリー自体はさすが面白かったです。
エロゲ的な部分は上で書いたようなことの他に、ビジュアルの描写がこと不足していることとか挙げられますね。色々本読んでると少なくとも小説的でないことは何となくわかります。
相違で言えば狼と~のほうが男キャラが活きてる気がしますね。女の子はゼロ魔のが動いてるかも。

コメントの投稿








いちるにだけ見せる

トラックバック

http://lilli1.blog98.fc2.com/tb.php/58-89fb66ec

 | HOME | 

秋涼いちる

 ライトノベルから漫画から、一般小説、新書、果ては辞典までおよそ本の形をしたものなら何でも読む。

→ はじめまして

→ pixiv

RSS このブログのRSSを取得する

あわせて読みたいブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。