Berry in Lake ライトノベル含む読書感想など

ライトノベル含む読書やマンガの感想・レビューもどきなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪ iAUDIO U5 せっかくなのでBBEを思いっきり使ってみる | [アニメ] かんなぎ 一話 ≫

ライトノベルを書きたい人の本 榎本秋

 しばらくは文学強化期間と言ったが……すまん、ありゃあウソだった。

ライトノベルを書きたい人の本

 ネタで買ってみた。

 おもしろいことは面白いけどちょっと高いな。

 一応ライトノベルとはなんだってところから始まり、書く前の準備、実践、見直しと順繰りに追っていく技術指南書。宗教じみてるライトノベル作法研究所よりは役に立つかな。

 ちなみに榎本氏自身はプロの作家ではない。評論側の人で、作家が書くのとはまた違う見方があるのかも。ラノベ作家の技術論なんか読んだことないですけど。各節の合間なんかには西谷史先生のコラムが載っている。こっちも面白い。

 内容的には、段落の行頭あけとか禁則処理とかに始まる初心者向けな感じ。いかにもどこでも言われてそうなことも多いけど、わかりやすくまとまってはいる。基本が大事といえばまあそうかも。つーかそんなことまで詳細に書く必要があるのかみたいなところもある。

 逆に言うと、投稿される作品にそのレベルのものが多いという現状があるのかもしれない。この辺りの事情は一次選考で振り分ける作業の経験者なんかに聞くと面白いのがたくさんあるんですけど。

 私なんかつくづくラノベは向いてねえなあと思ってしまった。がんばる。

 こういう本が増えてくるとまた読み比べがいがあって面白そうなんだけどなあ。一般小説とか、漫画だったら結構指南書もあるのに、ラノベはあんまりないからね。冲方丁のやつでも読んでみようかな。マルドゥック・スクランブルもカオス・レギオンも読んだことないですけど。

関連タグ: 読書ライトノベルラノベ

≪ iAUDIO U5 せっかくなのでBBEを思いっきり使ってみる | [アニメ] かんなぎ 一話 ≫

コメント

コメントの投稿








いちるにだけ見せる

トラックバック

http://lilli1.blog98.fc2.com/tb.php/76-65f8a549

 | HOME | 

秋涼いちる

 ライトノベルから漫画から、一般小説、新書、果ては辞典までおよそ本の形をしたものなら何でも読む。

→ はじめまして

→ pixiv

RSS このブログのRSSを取得する

あわせて読みたいブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。