Berry in Lake ライトノベル含む読書感想など

ライトノベル含む読書やマンガの感想・レビューもどきなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪ Opera9.5 正式リリース | 秋葉原大量殺人事件(長文) ≫

[ラノベ] 学校を出よう! 谷川流

 Perfume < Capsule な私は古い人間。こんにちは。

 ニコニコ。三つめはネタ。シンクロしすぎだろ……

 あとゲーム関係のニュース1つ。

 SO4は箱○で Impress

 な、なんだってー! さすがに次回作はひょっこりひょうたん島にはならないとは思いますが、3をプレイした身としては内容に不安しか覚えません。

 閑話休題。


 『学校を出よう!』は電撃文庫のラノベ。谷川流といえばハルヒの人です。学校を出ようの方が面白いと聞いてたんで読んでみようみようと思いつつ、買ったはいいものの積んであったのをようやく崩して読みました。一巻。

 EMP能力と呼ばれる力を持つ少年少女の超能力者を、隔離収容する山奥の学園が舞台。

 SFですね。ドタバタしつつ、シリアスな話もまじえつつ。ハルヒしか読んだことない私ですが、なんとなく谷川先生らしい作品だなあという印象でした。キャラクタが似ているとかそういうのではなく。


 谷川先生らしいというのは、『涼宮ハルヒの憂鬱』でもそうですが、択一的な選択において二元論的な回答を安易に出さないところですよね。~の憂鬱という作品は「退屈な日常」と「楽しい空想」というテーマ上の選択において、「日常だってとびきり楽しい」という止揚的解決に向かうところが私の目には面白く映ったのですが、学校を出よう1の主人公も似たような所があります。優柔不断でもニヒリズムでもない、谷川流作品の主人公は贅沢なのだと思う。

 PSYネットワークってのはまたすげー興味惹かれるというか、個人的に凄く好きな概念ですね。フロイトでいう超自我を自我内で意識的に作り出した感じかな。

 ま、読んでもらうしかないんですけどね。

 とりあえず二巻も読んでみるかな。主人公が変わるそうなので、ハルヒみたいにぐだぐだしないのを期待できそう。

 まあその前に積ん読。どうも読むペース<買うペースなのは、たぶん本好きならみんな一緒さ。きっとそうさ。

≪ Opera9.5 正式リリース | 秋葉原大量殺人事件(長文) ≫

コメント

私もこの作品を読みましたよ。もともとハルヒを読んで谷川流さんの他の作品も読んでみようと思い読んでみました。なんというか主人公が誰かが明確でないので色々なキャラクターの視点から物語を楽しめて良いですね。謎も多いですし。

>>第4のペロリンガさん

>主人公が誰かが明確でない
そうみたいですね。私はまだ1巻しか読んでないんですけど次も楽しみです。
同氏の他の作品にも興味が湧きました。

どうもはじめましてー。
自分の友達も学校の階段のほうが面白いと言ってましたね。
じゃ読んでみようかなと思ったのですが、お金が・・・。
ヘルプミーえーり○!いつか買って読みたいです。
あと最後の買うペース理論には同意します。
ではでは。

>>setuさん

はじめましてー。
とりあえずハルヒが楽しめれば楽しめそうではあります。
本屋とか特にブックオフなんかに寄ると買うつもりでなかったものまで欲しくなっちゃいますねー。
他にも人づてに評判聞いて読んでみたい本とかが山ほど。

こんばんは。
お久しぶりです。

この前、遅まきながら初めてハルヒのアニメを観ました。
物語に頭を悩ませている自分の悩みをすっと取り去ってくれるような胸のすく展開で、すごく面白かったです。「憂鬱」の話が好きです。
今度本を探してみます!

>>るさん

おひさしぶりですー。
アニメ見られたんですか。憂鬱パートは面白いですね、他が蛇足な印象でした。
小説の方も私は憂鬱が一番好きなんですが、一般的には4冊目の「消失」が評価高いみたいです。筒井康隆も読んで評価してるとかなんとか。

コメントの投稿








いちるにだけ見せる

トラックバック

http://lilli1.blog98.fc2.com/tb.php/8-e637f16e

 | HOME | 

秋涼いちる

 ライトノベルから漫画から、一般小説、新書、果ては辞典までおよそ本の形をしたものなら何でも読む。

→ はじめまして

→ pixiv

RSS このブログのRSSを取得する

あわせて読みたいブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。