Berry in Lake ライトノベル含む読書感想など

ライトノベル含む読書やマンガの感想・レビューもどきなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪ WITTAMER おいしいです | 姉さん事件です ≫

[ラノベ] よくわかる現代魔法2 桜坂洋

 桜坂先生やりたい放題。なんだよジオイド面を傾ける魔法って。そんなマニアックだから流行らないんだよ! もっとやれ!

よくわかる現代魔法―ガーベージコレクター (集英社スーパーダッシュ文庫) 取り乱した。『よくわかる現代魔法2 ガーベージコレクター』桜坂洋、集英社スーパーダッシュ文庫

 完全記憶って流行ってるんですかね。こっちのが『とある~』より古いの?

 分量が減って、すっきりした感じ。テンポよく話が進んで面白い。桜坂洋の文章は割と安心して読めるし。

 『よくわかる現代魔法』は魔法=プログラムという、新しくないけど独特というか、直球な設定で勝負のライトノベル。

 過去に色々あってバーンアウトを恐れる少年が、刹那的だけど全力で生きるお姉さん(ギリギリ)と知り合って、惹かれながら成長するお話。あれ……魔法が出てこない……

 登場人物は誰も彼も“過去”にとらわれている。そこからどうやって一歩踏み出していくのか、ってのがテーマになるのかな。敵側との対比といい、私個人の感覚からすると、もの凄く王道的な構成だと思う。好きだなあこういうの。っていうかやっぱり桜坂作品は“成長”とか“変化”が中核にある気がする。

 そんなわけでテーマと関係ない前作主人公が空気。最後は活躍するけど。今回は美鎖さんと新キャラのお話なのね。とりあえず聡史郎くんを出せ。

 王道的とは書いたが、ラノベ的お約束という意味での王道ではない。ラノベっつーと主人公が一癖ある男でヒロインがそれ以上の癖の塊で、なんやかんやという間に恋愛が成立してたりする感じの話が大多数なのであるが、現代魔法は一巻の時点で恋愛要素が極めて薄い。聡史郎くんが若干ツンデレなくらいで。今回それを指摘されてわざわざ恋愛の話にしたんだそうだが、結局成長ものだなあ。

 とりあえず坂崎さんがかわいいのでよし。空気だけど。

関連タグ: 読書ラノベライトノベルよくわかる現代魔法桜坂洋

≪ WITTAMER おいしいです | 姉さん事件です ≫

コメント

こんにちは。
先日は当ブログにおこしいただきまことに
ありがとうございます!とっても素敵なブログ
ですね(´∀`)早速記事の方をジックリと拝見させて
いただきます。
それでは!

空気ほど愛でたくなる、それはきっと僕だけ。
そんな異端の道でもいいと思ってる私です。
失礼しました。

>>喰川晃司さん

ありがとうございます。
今度そちらにもゆっくりおじゃまさせてもらいますね。

>>setufukouさん

えらい人は言いました。
空気は個性……と。

コメントの投稿








いちるにだけ見せる

トラックバック

http://lilli1.blog98.fc2.com/tb.php/91-8e464511

 | HOME | 

秋涼いちる

 ライトノベルから漫画から、一般小説、新書、果ては辞典までおよそ本の形をしたものなら何でも読む。

→ はじめまして

→ pixiv

RSS このブログのRSSを取得する

あわせて読みたいブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。