Berry in Lake ライトノベル含む読書感想など

ライトノベル含む読書やマンガの感想・レビューもどきなど

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

≪ [GIMP] トーンカーブを使ってみる [2回] | WITTAMER おいしいです ≫

[GIMP] ニコニコ動画に待ち受け制作講座という動画が上がっていてだな

【待ち受け製作講座】 高画質な待ち受け画像を作ってみよー(ニコニコ動画、要アカウント)

 携帯の待ち受けを好きな絵で自作しようぜ! みたいな動画なんだけど、やたらめったら評判が悪い。いやあ確かに効率悪いしな。さすがに「ペイントでできる」はねーけど。

 つーわけで、せっかくなので私がフリーの画像編集ソフトGIMPを使って待ち受け画像の作り方を教授しちゃうぜ! という企画だ。目標は連載化すること。

アイコン「アシスタントはわたし一条百合絵がつとめます」

 アシっていうか茶々入れだけどな。ちなみに私はGIMP素人なのでよろしく。

 携帯の待ち受け用に画像サイズを変更するだけなら専用のツールがあるんでそれ使えばいいんですが。画質をある程度保持する点と、画像を加工するという点でレタッチソフトを使えれば便利なんで、私自身基礎から学んでみようという感じだな。

 というわけで、第一回は超やさしいところから。画像を切り取るだけの作業をやってみよう。


 GIMPはフリーの画像編集ソフトだ。素人が使う分にはフォトショップと遜色ないくらい多機能で、編集用としては定番だな。ただし、ペンタブの筆圧感知に対応してないので絵描きには向かない。

 GIMP2を使おうさんがダウンロードからインストールまでの手順を紹介してるんで参考にしてくれ。

アイコン「いきなり投げっぱなしジャーマンですか」

 ハイパーリンクの利点は情報の共有が容易なことだぜ。

 インストールがめんどくさい人はポータブル版をダウンロードすれば解凍してそのまま使えますが……インスコ版と設定の保存場所なんかが当然違います。

 さて、GIMPを立ち上げるとウィンドウがいくつか出ます。本体はひとつで、他はツールやらレイヤーウィンドウやらですね。フォントがたくさんインストールされていると起動にえらい時間がかかるかも。

 本体でファイルを開きます。
08112400.jpg

 画像はスキャナで読んだりゲームをキャプチャしたりアニメをキャプチャしたりぐぐるさんやbaiduの画像検索で拾うなりしよう。今回は文学少女さんをお呼びしました。

アイコン「『このライトノベルが凄い! 2009』で見事1位を獲得した文学少女シリーズのヒロインにして、『このキャラクターが凄い! 女性部門』で1位の天野遠子さんですね」

 CVは牧野由依がいいと思うんだ。さて、今回は切り抜きですから、矩形選択ツールを使いましょう。ツールボックスの左上のやつ。
08112401.jpg

「手書きがいい味出してますね……」

 芸術化された達筆だぜ。

 矩形選択ツールは文字通り、四角形で囲んだ範囲を選択状態にします。選択された箇所をコピー、なんて使い方が一番初歩的かしらん。

 この画像は379×520ピクセルなので、私の携帯の待ち受けサイズである480×690より小さいですね。そのまま使うなら最終的に拡大する必要がありそうです。

 ツールボックスの下のほう(画像参照)に切り取りたいサイズを入力し、Enterキーを押します。ここでは480×690と入れました。四角い選択範囲が画像に重なるはずです。今回ははみ出してますね。
08112402.jpg

 そして、次に上の「値を固定(縦横比)」にチェックを入れます。これでx-y比を固定できます。で、選択範囲(点線のやつ)の角の四角をドラッグすると、選択範囲の大きさを変えられます。
08112403.jpg

 さらに、選択範囲の中のほうにカーソルを持っていくと十字矢印っぽいのがでて、ここでドラッグすると選択範囲を移動できます。これでうまいこと切り抜きたい部分を選択する。

 さあ選択範囲がうまいこといったら、次は選択範囲を切り抜きます。

「ど……どうやって?」

 上のメニューの、「画像」の中に「選択範囲で切り抜き」というのがあります。

「まんまですね……」

 ところで、これだと目当てのサイズとは違っています。選択範囲のサイズを変えていますからね。

 そこで、次は画像メニューから「画像の拡大縮小」です。これで上のプルダウンメニューから単位をピクセルにして、片方だけほしいサイズを入れます。隣の鎖みたいなのが繋がってるとx-y比が保持されますので、自動的にもう片方も調整されます。解像度はいじらず、補間方法は拡大ならバイキュービックがよい。下の画像はLanczos3になってるけど気にしないで。
08112404.jpg

「……yの値が689になってますケド」

 GIMPはこの辺正確ではないようだな……小数点以下をどうするかってことなんだろうけど。もしこういう状態になったら、どっちかにあわせて画像メニューから「キャンバスサイズの変更」でどうにかするしかないだろう。
08112405.jpg

 これでようやっとx-y比を崩さずほしい部分だけの切り取りができたわけだ。簡単にやる予定だったんだが思わぬところで引っかかったな……

アイコン「ちなみにフォトショップだとここまでの作業がトリミングツール一発でできます

 萎えること言わないでくれ……これでも動画で紹介されているPixiaのやり方よりはずっといいはずだ。

 Pixiaはいいソフトなんだが、そもそもレタッチ用ではない。動画によると画像の拡大・縮小に難ありというわけだな。

 さて、とりあえず今回はこれだけ長々とやってトリミングだけという丁寧すぎるくらい丁寧な回となった! 実際やったらたぶん2分くらいの作業だ。

 最後に保存しよう。「名前を付けて保存」。GIMPの独自形式(xcf)で保存するとレイヤー情報などを保持できる。拡張子を書き換えるか、下の「ファイルタイプを選択」で選べばJPEGPNGといったおなじみのフォーマットで保存できる。

 とりあえず次回を予定してるのでxcfで保存しておこうカナ。

「次回があるんですか!?」

 ここまでだけなら専用のツール使えばいいんだから。次からが本番だしょ。

 つーわけで、未完のまま次回へ続く。

≪ [GIMP] トーンカーブを使ってみる [2回] | WITTAMER おいしいです ≫

コメント

コメントの投稿








いちるにだけ見せる

トラックバック

http://lilli1.blog98.fc2.com/tb.php/93-72ea3d6f

 | HOME | 

秋涼いちる

 ライトノベルから漫画から、一般小説、新書、果ては辞典までおよそ本の形をしたものなら何でも読む。

→ はじめまして

→ pixiv

RSS このブログのRSSを取得する

あわせて読みたいブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。